2011年02月28日

メールサーバーの不正中継チェック

自前でメールサーバーを運用する場合、
適切に設定しないと不正に中継されてspamの発信源になる可能性があります。

http://www.rbl.jp/svcheck.php
にて第三者中継テストができます。


rbl.jp
posted by anyway at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

Exchangeを使うなら外部SSL証明書は必須だ

Exchange ServerとOutlookを使っているとSSL証明書が重要になってきます。

Exchange2007以降自動設定にOutlook Anywhereの設定が反映され
Outlook Anywhereは自己証明書では動かないとMSは公式に説明しています。

Exchange2003/Outlook2003の頃まではなんとか自己証明書や運用できました。

SSLを無効にしたり、独自でCAを立ち上げるなど手法はありますが
台数が多い本番環境では限界があります。

諦めて安価な外部のSSL証明書発行業者を使うしかありません。
必要経費と思いましょう。
posted by anyway at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBS2011はPOPコネクタの間隔が5分が最低に!

単品Exchangeに無いWindows Small Business Server独自の機能として以前より
POP3コネクタがありますが2003-2007では最低間隔が15分でしたので
利用者は外部からのメール受信に最低15分かかるのでそれなりに不便でした。

2011では5分が最低値になりましたので多少解消されると思います。
結構大きなポイントです。

2003ではレジストリをいじくって短期間にPOP受信するようにしていましたが
あまり推奨できないので5分標準で運用したいです。。

当然Exchangeが直接受信する設定にしてPOP3コネクタはディザスタ用にする使用にしていきたいです。


sbs2011-popconector.JPG
posted by anyway at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

IANAのIPv4が最終割り当てに!

予想より1月ほど早くIANAのIPv4が最終割り当てになりました。

ついにIPv4枯渇が目の前に来ました。

成熟市場である既存プロバイダのIPv4リモートホストが不足するのは当分先かもしれませんが
インターネットを使った新規事業やモバイル回線、情報家電など
これからIPアドレスの使用が増える分野には影響がでるかも知れません。

情報家電がIPv6のグローバルIPを持って外部と接続したり
wimaxプロバイダがIPv6接続のみになったりすると
既存のネットワークやシステムはいろいろ対策が必用になりそうな気がします。

企業向け拠点間通信のVPN機器は当分IPv4で行くと思いますので
困る人が出てくる可能性大です。

現実にはIANAが未使用分&企業割り当て/8ネットワークの埋蔵IPを解放をしていく事を期待しますが、すぐに足りなくなる事に変わりありません。

posted by anyway at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | VPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。