2011年08月28日

Exchange Online(office365)へ自宅smtpサーバーのブラックリスト解除申請

Exchange Online(office365)の迷惑メール感知システムにより
自宅サーバーなどのsmtpサーバーから送信されたのメールをExchange Onlineが受け付けない場合があります。

その場合msより丁寧なメールが来るので指示通りdelist@messaging.microsoft.comへ連絡(転送)して解除してもらいました。
スパム送信履歴が無いIPアドレスであれば数日で解除されると思います。

つまりmsのリストは世界中の正常なsmtpサーバーをある程度網羅していて
怪しいsmtpサーバーは受け付けないと思われます。

★エラーメールに含まれていた内容


★MSからの返信1
Thank you for contacting Microsoft Online Services Technical Support. This email is in reference to ticket number xxxxxxxxxxxx, which was opened in regards to your delisting request for xxx.xxx.xxx.xxx
The IP address you submitted has been reviewed and removed from our block lists. Please note that there may be a 1-2 hour delay before this change propagates through our entire system.
We apologize for any inconvenience this may have caused you. As long as our spam filtering systems do not mark a majority of email from the IP address as spam-like, your messages will be allowed to flow as normal through our network. However, should we detect an increase in spam-like activity, the IP address may be placed on our block lists again.
Should you have any further questions or concerns, please feel free to respond to this email.
Thank you again for contacting Microsoft Online Services technical support and giving us the opportunity to serve you.
Sincerely,
Microsoft Online Services Technical Support

★MSからの返信2
Hello ,

Thank you for your delisting request xxxxxxxxxxxxxx. Your ticket was received on (Aug xx xxxxx xxxxxxx xx) and will be responded to within 24 hours.

Our team will investigate the IP address that you have requested to be removed from our blocklist. If for any reason we are not able to remove your IP address, one of our technical support representatives will respond to you with additional information.

Regards,
Technical Support
posted by anyway at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

SBS2008/2011のSSL証明書は自分が発行してもオレオレ証明書にならない。

SBS2008/2011ではサーバーに証明書サービスがインストールされてその証明書サーバーが発行した証明書がExchange(IIS)の外部発行証明書として登録されています。

サーバー名は同じなのですが自己証明書を回避する面白い手法です。

EX2007/SBS2008では証明書はシェルから設定するのでどうなっているかGUIではわかりません。

SBSに慣れていると通常のExchange Serverのデフォルト状態ではOutlook Anywhereが使えないので注意が必要です。
posted by anyway at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

BlackBerry Business Cloud Services

BlackBerry Business Cloud Servicesなる物が2011/10目標で提供されるらしい
現時点でもIMAP設定が可能だがさらにネイティブ対応するらしい。無料との事

office365 faqより
引用
========================================
Q. RIM の提供する BlackBerry Business Cloud Services とは何ですか?
A.Microsoft と Research in Motion (RIM) は、2011 年の終わりまでに Office 365 のお客様を対象としたホスティング BlackBerry サービス、BlackBerry Business Cloud Services を RIM から提供することを、2011 年 3 月に発表しました。パブリック ベータの提供を 10 月上旬に予定しています。

BlackBerry Business Cloud Services は、電子メール、予定表、および追加機能を BlackBerry ユーザーに提供するものです。
========================================
posted by anyway at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

office365は中華人民共和国では正式に対応を表明していない

office365のFAQより
===============================
Q. Office 365 を利用できる言語は何ですか? また、どこの地域および国で利用できますか?

A.Office 365 は、英語、ポルトガル語 (ブラジル)、簡体字中国語、繁体字中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、スペイン語、スウェーデン語、ルーマニア語、およびロシア語の 21 の言語でご利用いただけます。

Office 365 は、米国、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、コロンビア、コスタリカ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ペルー、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニア、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、トリニダード・トバゴ、および英国の 40 の国または地域でご利用いただけます。
========================================

香港は入っているが中国と台湾はなぜか入っていない、アクセスする事は可能だが
早く正式対応して中国国内からの回線速度を高速にして欲しい。
posted by anyway at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

office365でoutlookのフォルダが英語になった時

言語を変更した覚えが無い場合でもOffice365のOutlookのフォルダが英語になってしまった場合には、OutlookWebAppのメール→オプション→設定→地域にて「言語」の下にある「指定した言語に一致するように既定フォルダーの名前を変更する」のチェックを入れると直ると思います。

これをしないとOutlook2010でGALが表示されない事があります。
変更後にGAL表示されても英語が一部に残る時はOutlookのアカウントを消すか(別にPOPアカウントがある場合)プロファイルの作り直しが手っ取り早いです。

http://community.office365.com/ja-jp/f/336/t/10105.aspx

office365-outlook-folder.JPG
posted by anyway at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

SBS2011はメモリ容量8Gが最低要件だった

SBS2008はインストール時に最低要件の4G以上容量が無いと警告が出てインストールできませんでした。

SBS2011stdも同じぐらいだろうと思って4Gでインストールはできましたが
このままでは10000回転HDD+Xeon5500番台でも結構遅く、使用メモリも90%以上が続きます。
リモートデスクトップがメモリ不足で起動できなくなるなど支障がでる状態です。

良く見るとシステム最低要件が8G/10G推奨でした!

いくらメモリが安くなったとはいえ巨大OSです。
仮想マシンで構築するのも一苦労になります。
Core2Duo世代はchipsetの最大メモリ容量が8Gだったりするので限界が近いです。

Essentialsは最低2G/推奨4G
最大は共に32G。
2011stdの最低HDDは120Gだが2011etlは160G

Sandy Bridge世代のまだ一般的では無いが8Gx4=32Gが魅力的になってきます。
posted by anyway at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

SBS2011EssentialsでHyper-Vは使えない

Windows Small Business Server 2011 essentialsは
・Windows Home Server同様のクライアントバックアップが25台まで可能、
・AD必須だがHome PremiumなどPro以下のOSでも使える。
・25CAL付属で5万円前後
と新しいジャンルの内容ですが

Hyper-Vの機能は追加できませんでした。
PCバックアップは25台までですが25アカウント以上のユーザーが同時にファイルサーバーへアクセスできるのか不明。

Office365とのAD連携はできません。
posted by anyway at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

office365のサーバー所在地

日本で複数のアカウントを設定をしてみて

outlookのバージョン情報をみると
hknprd****.outlook.com
sinprd****.outlook.com
の2種類ありました。

hkn=香港
sin=シンガポール
でしょうか?

サーバーのタイムゾーンはなぜか
「(UTC) モンロビア、レイキャビク」
になっています。

世界中に拠点がある場合でも高速にアクセスできるようになっているか不明です。

outlookのオプションのバージョン情報は
「視覚の状態に合わせた設定を使用する」のチェックが入っていないと表示されません。
その内修正されるでしょう。
posted by anyway at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

office365のOWAは「視覚の状態に合わせた設定を使用する」のチェックを入れない方がいい

office365を使ってみて
Outlook web accessを「視覚の状態に合わせた設定を使用する」にチェックを入れると
画面上部の「ホーム Outlook チームサイト」のショートカットが表示されなくて不便です。

「視覚の状態に合わせた設定を使用する」オフ
office365-owa-ie8-site1-2.JPG

「視覚の状態に合わせた設定を使用する」オン
office365-owa-ie8-site1.JPG
posted by anyway at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

office365導入 ファーストインプレッション

一般的にサーバーを社内に置いてExchange ServerやSharepointを構築する事が多いですが
海外拠点からもアクセスする場合に回線の遅さが問題になります。

今回office365で解決してみました。

使ってみて
・ログイン場所が見つけずらい。
office365 singin か office365 ログイン で検索が良いかも
http://g.microsoftonline.com/0BD00ja-jp/104

・CSVでのユーザー一括登録時に日本語は文字化けする。

・iPHONEの設定はマニュアル通りで設定できる。
アンドロイドは不明

・ログインできない場合はパスワードリセット

・過去メールをPSTファイルでインポートしたら不調になった。(非常にEXCHANGEが遅くなった原因不明)

・p1コースの最大ユーザー数が不明(50人まではできるようだが、それ以上も購入できるか不明)
・dnsのNS変更が必要。cnameとaレコードのみユーザー追記可能。
  →google appsと併用する場合はtxtレコードの使用不可

・lynkのログインが遅い

・レスポンスがそれほど速いわけでは無い。
(日本からはそこそこ速い、中国からはその場所の回線速度によるがそれなり)

などなど


思い立ったら即日導入できるのは非常に便利、AD不要なのも良い。
ハイブリット型も魅力的だがコストメリットが無くなります。

posted by anyway at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。