2011年02月02日

IANAのIPv4が最終割り当てに!

予想より1月ほど早くIANAのIPv4が最終割り当てになりました。

ついにIPv4枯渇が目の前に来ました。

成熟市場である既存プロバイダのIPv4リモートホストが不足するのは当分先かもしれませんが
インターネットを使った新規事業やモバイル回線、情報家電など
これからIPアドレスの使用が増える分野には影響がでるかも知れません。

情報家電がIPv6のグローバルIPを持って外部と接続したり
wimaxプロバイダがIPv6接続のみになったりすると
既存のネットワークやシステムはいろいろ対策が必用になりそうな気がします。

企業向け拠点間通信のVPN機器は当分IPv4で行くと思いますので
困る人が出てくる可能性大です。

現実にはIANAが未使用分&企業割り当て/8ネットワークの埋蔵IPを解放をしていく事を期待しますが、すぐに足りなくなる事に変わりありません。

posted by anyway at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | VPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック