2011年08月20日

SBS2011はメモリ容量8Gが最低要件だった

SBS2008はインストール時に最低要件の4G以上容量が無いと警告が出てインストールできませんでした。

SBS2011stdも同じぐらいだろうと思って4Gでインストールはできましたが
このままでは10000回転HDD+Xeon5500番台でも結構遅く、使用メモリも90%以上が続きます。
リモートデスクトップがメモリ不足で起動できなくなるなど支障がでる状態です。

良く見るとシステム最低要件が8G/10G推奨でした!

いくらメモリが安くなったとはいえ巨大OSです。
仮想マシンで構築するのも一苦労になります。
Core2Duo世代はchipsetの最大メモリ容量が8Gだったりするので限界が近いです。

Essentialsは最低2G/推奨4G
最大は共に32G。
2011stdの最低HDDは120Gだが2011etlは160G

Sandy Bridge世代のまだ一般的では無いが8Gx4=32Gが魅力的になってきます。
posted by anyway at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック