2011年08月27日

SBS2008/2011のSSL証明書は自分が発行してもオレオレ証明書にならない。

SBS2008/2011ではサーバーに証明書サービスがインストールされてその証明書サーバーが発行した証明書がExchange(IIS)の外部発行証明書として登録されています。

サーバー名は同じなのですが自己証明書を回避する面白い手法です。

EX2007/SBS2008では証明書はシェルから設定するのでどうなっているかGUIではわかりません。

SBSに慣れていると通常のExchange Serverのデフォルト状態ではOutlook Anywhereが使えないので注意が必要です。
posted by anyway at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222698001
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック