2012年01月12日

Adobeがアップグレードポリシーを再変更。CS3/CS4ユーザーは2012年末まで救済

Adobe社がCreative Cloudの発表と同時に今まで販売していた今までの製品のアップグレードポリシーを前1バージョンまでに制限を厳しくしましたが、かなり強引な手法にクレームが多数来たと思います。

Adobe社は先ほどCS3/CS4ユーザー向けに救済策を発表しました。
CS6が発売された後も2012年12月31日まではCS3/CS4からCS6へのアップグレードを認めるとの事です。

CS6が未発売な状況で今年末に区切りを決められてしまうのは、
まだ強引ですが以前よりは良くなったと考えましょう。

CS3とCS4では1年以上発売時期が違いますしCS4ユーザーは購入時の説明より不利な条件になります。

売った時の条件を守って
CS3はCS6までアップグレード可能
CS4はCS7までアップグレード可能
にするのが商売の常識と思いますが、、公正取引委員会消費者庁に動いて欲しいところ
posted by anyway at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245780498
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック