2009年11月04日

LANDESK MS 8.8SP3入れてみる

やっと時間ができたのでLANDESK MANAGEMENT SUITE 8.8を
SP3にしています。

最新のSP3にしてみて
・CONSOLE:追加コンソールにてWindows7非対応(enterprise 64bit)を確認
XPmodeにて対応、仮想アプリモード使用可能
・エージェントもsp3にしないとデータ取得できませんでした。
 でも「エージェント開始」のLOGは出ています。
・コアをSP3にしたら追加コンソールもSP3を当てないと
 バージョンが違うと言われて接続できません。

・CONSOLE端末と管理対象のエージェントは直接接続しているみたいです。CONSOLEはコアサーバーだけではなくエージェントとも直接通信できるネットワークが無いとデータ取得やリモート操作できません。一晩悩みました。



最近古いMAC(OS9/OSX10.2)が管理対象に入ったのでLDMSを入れようと思います。
MSのSYSTEM CENTERにはできないと思います。

posted by anyway at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

LANDESK Magagement Suite 8.8 sp3 公開

LDMS88のsp3が公開されていました。

JP


download
posted by anyway at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

Landeskリモートコントロールの不具合

Landesk Management Suite 8.8 sp2にて
管理側がマルチモニタ環境でリモートコントロールにて
「描く」にて画面にお絵描きをメイン画面以外ですると
リモート側のリモートコントロールエージェントが
結構な頻度で落ちます。

この様なハイエンド管理ソフトではマルチモニタで
リモート対応するのは想像できる使い方なので
直してほしいです。

5ボタンマウスにも非対応みたいです。
posted by anyway at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

LDMS 導入&運用 基本的な注意点

コアサーバーにリモートデスクトップ接続経由で接続して
管理コンソールを起動するとアラート表示がおかしい


→追加管理コンソールやWEBコンソールにて操作するのが良いです。
クライアントが多いと別クライアントから管理コンソールの起動が
遅くなります。


NetBiosが使用できない場合の制限


→製品の性質上IPsecVPNによる多拠点管理をする場合がほとんどと思いますが便利なプッシュインストールはまず不可です。(ADも必要)
初回は個別にインストールしていきましょう。

クライアントのhostかlmhostにコアサーバーを入れて置いた方がよさそうです。

posted by anyway at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LANDesk SMB

現在LANDesk Managemant Suiteをセットアップしているのですが
LANDesk SMBなる新製品が出ています。

300台までのsmall business向け 3年保守標準
セットアップ済みですぐに使えるとの事

LDMSとの内容/価格差が気になります。

DELL PE T100/R200を使ったアプライアンス製品
LANDesk SMB for DELL
もあります。
100台 180万円程度
200台 300万円程度
300台 430万円程度

マーケティングの切り口は良いと思います。
当方はLDMS自体それほど高額とは思わないので
価格と内容のバランスです。
posted by anyway at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LANDeskライセンス認証のID発行方法変更

アボセント本社のシステム移行により
2009/1/1よりLANDeskのアクティベーションのid/passwordルールが変更になりました。

1.新規/追加/更新にかかわらず毎回新しいid/passが発行される
2.契約スタート日から30日以内にアクティベートをする

普通に考えて
・試用期間が45日あり、試用期間満了すると契約スタート日30日を確実に過ぎている
・購入日と実際の稼働日が大きく異なる事は企業では多々あると思う。
・高額な講習や、認定エンジニア試験がある製品で、運用を成功させるにはある程度の練習や検証が必要である。
・法人向けソフトなので個人ユーザーの違法コピーのニーズが少ないと想像できる


実際の運用状況はわかりませんが、ちょっと厳しくしすぎる気がします。
マイクロソフトではアクティベーションは、厳密なライセンス管理では無くカジュアルコピーを防ぐ為の物という認識ですがアボセントはどう考えているのでしょうか?
こういう物は正規の購入者の利便性やプライバシーが最優先と思います。

websiteには特にこの件の発表は見つけられず。
posted by anyway at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LANDesk Management Suite 8.8sp2a

LANDesk Management SuiteのアップデートSP2a

Japan案内

USA

いくつかのsp2a用ファイルがありますが
コアサーバー用のpatchに全ての内容が含まれています。

すでに導入済みのクライアントやコンソールには
個別アップデートファイルを使います。
posted by anyway at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

LANDESK まずは評価ライセンスで使ってみる

LANDESKのコアサーバーの使用にはライセンス認証が必要です。
ハードウェアキーコードが作成されるので使用するハードウェアの
変更時は再認証が必要になり手間がかかる事が予想されます。

初めての導入なのでセットアップに失敗したり設定を間違えた場合に備えてまずは評価ライセンスを使用してみます。

45日間100ノード使用できます。

購入済みライセンスに移行したい場合は
「コア サーバの使用開始」ユーティリティを実行して認証します。

通常はLANDESKを使い始めると長期間使用する事になると思います。
サーバーOSはコアサーバー専用運用との事なので
ハードウェア障害や数年後のハードウェアリプレース、消費電力を考えると仮想環境の方が良いかもしれません。
posted by anyway at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LANDESK Management Suite 8.8導入

Landesk Mamagement Suite 8.8の導入をしてみます。

この手の業務用ソフトは結構使い勝手が悪い事が多いですが
LANDESKは世界的に大手ベンダーであるのでどうなのでしょうか?

管理の大元「コアサーバー」のソフトウェア要件は
マニュアルを確認すると
-------------------------------------------
• Windows Server 2003 Standard または Enterprise edition (SP1/SP2 および IIS 6 搭載バージョン)
• Windows 2000 サーバまたは Advanced Server (SP 4 および IIS 5 搭載バージョン)
• Microsoft Data Access Components (MDAC 2.8)
• Microsoft .NET Framework 2.0 または 3.0
• Microsoft ASP .NET 1.1 (SP 1 搭載/未搭載バージョン)
• Microsoft Simple Network Management Protocol
• Microsoft Web Services Enhancements (WSE)
• Internet Explorer 6 SP1 以降
• 静的 IP アドレス (サーバのネットワーク アダプタが 1 つのみ)
• Microsoft NT File System (NTFS)
• コア サーバとして使用するサーバは、プライマリ ドメイン コントローラ (PDC)、バックアップ ドメイ
ン コントローラ (BDC)、または Active Directory コントローラとしてではなく、スタンドアローン サ
ーバとしてインストールする必要があります。
• サーバは、Management Suite のホスティング専用である必要があります。
------------------------------------------

現時点Windows Server 2008はサポートリストに無いです。
サーバーは「Management Suiteのホスティング専用」とあるのが気になります。
64BIT環境はサポート外です。

管理台数1500台以下の場合のマシン仕様
• Intel Xeon プロセッサまたはそれ以上の処理速度を持つプロセッサ
• 10K RPM 以上の回転速度のドライブ上の 72 GB の空きディスク容量
• 2 GB の RAM
• ネットワーク アダプタ

XEONプロセッサとHDDが10000回転を必須としているが、
PCの性能は年々向上しているのでどの程度の速度が欲しいのか不明です。

ブラウザから運用できるのでIISが有効である必要があり
規模が大きい場合はMS SQL Server 2000/2005かoracleを事前に設定する必要があります。
(デフォルトでははMicrosoft SQL Server2005 Express Editionが自動セットアップされます)
posted by anyway at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | LANDESK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。