2013年04月10日

そろそろ投稿再開しよう

blog更新サボっていました。
そろそろ再開します。
posted by anyway at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

Lenovo ThinkServer TS130にSBS2011Eが付いて33075円!

LENOVO ThinkServer TS130が7周年記念らしく連日深夜割引適用で
最少構成33075円となっています。

25cal+付加機能付きMS Windows ServerのSBS2011Eが無料で付けられます。
とりあえず数台まとめ買いしときます。

LENOVO-GEKIYASU-130-SBS2011E.PNG
posted by anyway at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

異なるネットワークにあるドメイン間で信頼関係を結ぶ

異なるネットワーク(別セグメント)にあるドメイン間で信頼関係を結びたい場合
そのままでは相手がどこにあるのかわからず設定できないので
下準備として事前にお互いのDCのDNSサーバーで名前解決できるようにしておく必要があります。


ドメインコントローラーのDNSマネージャーに相手側DCへゾーンの転送を許可する。
ad-renkei-dns-zone.PNG
すべてのサーバーでもいいが念の為サーバーを指定する。

DNSマネージャーに新しいゾーンにセカンダリゾーンで相手側を登録する。
ad-renkei-dns.PNG

その先はActive Directory ドメインと信頼関係でマニュアル通りに設定できます。

OSは両方ともWindows Server 2008 R2

WINS/lmhostsは未設定でも設定できました。
Win2kやNTなど古い場合はlmhostsやWINSを使うらしい
posted by anyway at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | AD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

Adobeがアップグレードポリシーを再変更。CS3/CS4ユーザーは2012年末まで救済

Adobe社がCreative Cloudの発表と同時に今まで販売していた今までの製品のアップグレードポリシーを前1バージョンまでに制限を厳しくしましたが、かなり強引な手法にクレームが多数来たと思います。

Adobe社は先ほどCS3/CS4ユーザー向けに救済策を発表しました。
CS6が発売された後も2012年12月31日まではCS3/CS4からCS6へのアップグレードを認めるとの事です。

CS6が未発売な状況で今年末に区切りを決められてしまうのは、
まだ強引ですが以前よりは良くなったと考えましょう。

CS3とCS4では1年以上発売時期が違いますしCS4ユーザーは購入時の説明より不利な条件になります。

売った時の条件を守って
CS3はCS6までアップグレード可能
CS4はCS7までアップグレード可能
にするのが商売の常識と思いますが、、公正取引委員会消費者庁に動いて欲しいところ
posted by anyway at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

XR-300系のVRRPはPPP0しか監視できない。

XR-350/360のVRRPは監視回線にppp0しか設定できないので
LAN型接続などppp0以外のネットワーク障害時にVRRPを機能させる事ができません。。

XR-410以降は「ネットワークイベント設定」にてVRRPの監視対象を細かく設定できます。
posted by anyway at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | VPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

office365(sharepoint online)でのファイル名注意

office365のsharepoint2010にて
ドキュメントライブラリに入れるファイル名に「&」が使えない

ファイル名が長すぎるとエラーメッセージが出ます。
posted by anyway at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

Adobeがアップグレードポリシーを変更

先月アドビ社がアップグレードポリシーを大きく変更して
アップグレード元を主要3バージョンから主要1バージョンにすると発表しました。


これはかなり強引&利己的な手法なのでユーザーから大きな反発が起きると思いましたが
そのままで進んでいるようです。

現在CS2-4ユーザーはCS5(5.5)にアップグレードしないとCS6にはアップグレードできなくなります。

もっともアドビとしては今のライセンスをユーザーに破棄してもらい
クラウド型の月額利用制のAdobe Creative Cloudに移行して欲しいのでしょう。

時代の流れと言えばその通りですが購入時のまま長期間使い続けたいユーザーには不利益になります。
posted by anyway at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

office365の「サービス正常性ダッシュボード」

昨日のOffice365の障害はクラウドのリスクが現実になりました。

今回はサインインサイトにすらアクセスできなかったので、直リンクがわからない場合
「Office365コミュニティ」にリンクがあります。

サービス正常性ダッシュボード

hotmail等各社主要サービスの確認ができます。これも参考になります。
http://downrightnow.com/


今回気になったのは
・インシデント開始から初回MSレスポンスまでに30分程度時間がかかっている
・実際にはインシデント開始より30分程度前から不具合が発生していた事(=1時間程度サポート無し)
・office365管理者へのメール等での連絡は一切無し(原因不明なのに自分で顧客サポートするしかない)


Exchange Online2011/9/9
12:30 インシデント開始
 13:09 日本語第一報 日本MSサポートが気が付いたか 
 13:36 英語なので運営本部のレスポンスか

ポータル 2011/9/9
 12:30 インシデント開始
 14:41 日本語第一報で調査中 別途新たなインシデント開始
 15:08 英語なので運営本部のレスポンスか

office365-service1.JPG

office365-service2.JPG

office365-service3.JPG
posted by anyway at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

Exchange Online(office365)へ自宅smtpサーバーのブラックリスト解除申請

Exchange Online(office365)の迷惑メール感知システムにより
自宅サーバーなどのsmtpサーバーから送信されたのメールをExchange Onlineが受け付けない場合があります。

その場合msより丁寧なメールが来るので指示通りdelist@messaging.microsoft.comへ連絡(転送)して解除してもらいました。
スパム送信履歴が無いIPアドレスであれば数日で解除されると思います。

つまりmsのリストは世界中の正常なsmtpサーバーをある程度網羅していて
怪しいsmtpサーバーは受け付けないと思われます。

★エラーメールに含まれていた内容


★MSからの返信1
Thank you for contacting Microsoft Online Services Technical Support. This email is in reference to ticket number xxxxxxxxxxxx, which was opened in regards to your delisting request for xxx.xxx.xxx.xxx
The IP address you submitted has been reviewed and removed from our block lists. Please note that there may be a 1-2 hour delay before this change propagates through our entire system.
We apologize for any inconvenience this may have caused you. As long as our spam filtering systems do not mark a majority of email from the IP address as spam-like, your messages will be allowed to flow as normal through our network. However, should we detect an increase in spam-like activity, the IP address may be placed on our block lists again.
Should you have any further questions or concerns, please feel free to respond to this email.
Thank you again for contacting Microsoft Online Services technical support and giving us the opportunity to serve you.
Sincerely,
Microsoft Online Services Technical Support

★MSからの返信2
Hello ,

Thank you for your delisting request xxxxxxxxxxxxxx. Your ticket was received on (Aug xx xxxxx xxxxxxx xx) and will be responded to within 24 hours.

Our team will investigate the IP address that you have requested to be removed from our blocklist. If for any reason we are not able to remove your IP address, one of our technical support representatives will respond to you with additional information.

Regards,
Technical Support
posted by anyway at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | office365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

SBS2008/2011のSSL証明書は自分が発行してもオレオレ証明書にならない。

SBS2008/2011ではサーバーに証明書サービスがインストールされてその証明書サーバーが発行した証明書がExchange(IIS)の外部発行証明書として登録されています。

サーバー名は同じなのですが自己証明書を回避する面白い手法です。

EX2007/SBS2008では証明書はシェルから設定するのでどうなっているかGUIではわかりません。

SBSに慣れていると通常のExchange Serverのデフォルト状態ではOutlook Anywhereが使えないので注意が必要です。
posted by anyway at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。